自分の殻を破るための演劇体験

自分の殻を破るための演劇体験

”自分の殻を破りたい、今とは違う自分になりたい” と思っているあなた。
あなたは、どうやってブレイクスルーしてますか?
カラオケ、運動、趣味・・・等々、人によってその方法はいろいろあろうかと思いますが・・
私自身が体験しお勧めしたいのが、実は ”演劇” です。
”演劇” は、自分の中の潜在意識・潜在能力を引き出してくれる頼もしいツールなんです。知ってましたか?
これに気付いてる人は、ごく少数かもしれません。
若い頃から演劇に接する環境にある人って、なかなかいないでしょうから。
私自身も、演劇の世界に初めて触れたのが、ほんの4〜5年前のことです。
スピーチの表現力の乏しさに悩んでいた私は、講師の勧めで演劇を始めたんです。
ここが運命のターニングポイントとなりました!
”野生のように動き回りたい” ”爆発したい” 自分が、身体の中でマグマのように蠢いていることに気づいたんです。
以後稽古を重ねるうちに、表現に幅が広がり奥行きが出るようになりました。
・・・こうして”演者” ”役者”としての「私」が誕生しました。
かつての自分では到底想像すらできなかったことです。

さて、この演劇に関して、最近私の近辺で、注目したくなる異変が起こりました。
群馬県の東南部の邑楽町が、な、なんと・・若者を中心とした街づくりに本腰を入れ出したんです。
約一年半後の、劇場や多目的ホールを備えた中央公民館の建設を見据え、演劇・ダンス・吹奏楽を3本柱としたアートで
街を興していこうという、なんともヒューマンで遠大な計画だ!
要は、町をブレイクスルーために、まずは演劇を活用して人をブレイクスルーしようとしているわけです。
見るべき大きな産業のないこの町にとって、活気ある町を創るための苦肉の策なんでしょう。
成功すれば、他の自治体の格好のサンプルとなるはずです。

昨年(2016年)実施された、日本を代表するあの劇作家平田オリザ氏の講演を皮切りに、劇団の青年団員による演劇ワークショップを経て、
邑楽町の町民劇団作りに参画しようという有志が集まりましてね。
驚きましたよ〜、中学・高校生から60代の老若男女、あらゆる世代の演劇好きが馳せ参じたのですから。
総勢、25〜6名というところでしょうか。
私も参加したその一人なんですが、この劇団が何を目指すのか??・・・その方向性・理念によっては、関われなくなることも・・・。
(ちなみに、この時点では、参加者の役割はまだ何一つ決まっていません)

とにかく、中央公民館オープニングのこけら落しとして劇団の公演が決定!
役としては自分は演者や演出をやりたいんですが、誰が演出をするかは、公演の成否を左右する核となる問題ですよね。
若手のリーダーシップを尊重する劇団の立場からは、高校の演劇部の顧問をされている30歳位の男性教師が適任ではないかと思うんです。
演劇部の女子高生も多く参加していて、日々学生と接し若者の気心を理解しているので、信用も厚いでしょうから。
そしてもう一人、演劇経験のある温和な中年女性を演出役に据えてもいいですね。
若手と年輩の双方とコミュニケーションがとれ、細かい気配りのきく女性であれば、みんなが安心して受け入れてくれること請け合いです。

さて、そうは言っても、この2名の演出能力はまだ未知数です。
今後の稽古のなかで、その点がはっきりしてくるでしょうが、今回の有志のなかには結構経験者がいます。
この人たちの演出家としての力量も無視できません。誰でも演出に関する自分の意見を、遠慮せずどんどん言ってみたらいいと思うんです。
こうして個々のレベルが見えてきて、先の2名の演出役の人が意見の集約をしていく、っていう流れがいいんじゃないでしょうか?
一部の人の意見・発言に支配されることのない、風通しの良い、爽やかな明るい劇団に育てていきたいものです!

ちょっと、演出の話に逸れてしまいましたが・・・
こうして開かれた劇団となり、みんなで一つのものを創り上げていく。
その過程で、五感をフルに使った稽古があり、様々な役割と多様な価値観を持ったメンバーとのコミュニケーションの交錯がある。
まさに自分の殻をブレイクするには、最高の環境と言えませんか?
”演劇をやっている” とは、人として成長する・進化することを意識して取り組むことで、初めて言えるんだと思います。
今、演劇のトレーニングがにわかに注目を浴びてきていることは、知ってますよね。
学校教育の中で、情操教育・人間力養成のプログラムの一環として、演劇のトレーニングである”即興劇(インプロ)”が取り入れられているんです。
これはひとえに、自分の古い殻を破り(ブレイク)、新しい自分を生み出してゆく(スルー)舞台を提供してくれるのが ”演劇” であることを、
私たちがそして社会が気づき出した証です。
ホント〜? て疑っているあなた。いろいろ効果は実証されているようなので、一度試してみてはいかがでしょうか。

コメント


認証コード3561

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional